時効を理解する

売掛金回収などの回収関係で注意しないといけないのが消滅時効です。この消滅時効を向けると売掛金などが消滅してしまい、その後その人に同じ売掛金を回収することが不可能な状態になりますので注意するようにしてください。基本的にはこの時効が来る前に回収を行いましょう。

消滅時効ですが、その内容によって消滅する時効が異なります。例えば、タクシーなどの運送費用がありますが、あれは1年となっています。居酒屋やホテルなどの料金なども1年を経過してしまった場合は消滅してしまいます。また、病院の診療に関する費用などは3年で消滅するなど結構長めに設定されているものもあります。製造業や小売業などによっては2年が消滅時効となっているところもあります。ですから、売掛金回収を行うものがどの時期までに回収しないといけないかをしっかりと確認するようにしてください。

消滅時効ですが、これは中断をすることが出来ます。中断を行うことで期間を延ばしたり、リセットしたりすることが出来ます。ですから、時効が迫ってきた場合は中断を行うと良いです。ただし、誰でもできるというわけではないです。債務承認や訴訟によるものでないと出来ませんので注意しましょう。

このように時効というのがありますので、ある程度早めに回収をしていかないと回収できなくなりますので注意です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket