相手のことを理解する

売掛金の取引をする時に必要なことが相手のことを理解することです。これをしないまま売掛金回収を行っても失敗することがありますので注意です。その失敗について簡単に説明していきます。

相手が最初から裏切る前提で行動していることが稀にあります。その場合、お金をもらってからすぐに何処かに行く場合があります。最悪見つからないで時効を迎えるというケースがあります。これを避けるためにも相手が本当に信用できる者かを見極める必要があります。他にも、売掛金回収の時にお金が無ければ回収することは出来ません。これは強制執行であっても同じことで、無い袖は振れないと言わんばかりに回収ができなくなります。ですから、回収時にある程度の資金を用意できるところと取引をする必要があるでしょう。

上記で説明したように相手のことを知るというのがとても重要なことです。詐欺にあってしまうというケースもあります。もっと恐ろしいのがテロ集団に売掛金をしてしまうというケースです。もちろん、そのようなケースは非常に極稀で極論ではありますが、このように貸す相手のことを理解しないまま売掛金を渡すというのは危険なことなので注意しましょう。

あくまでも売掛金は取引ですので相手が問題ないところであるかを確認する必要があります。特に契約を守るところとの取引をしていくようにしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket