相手のことを理解する

売掛金の取引をする時に必要なことが相手のことを理解することです。これをしないまま売掛金回収を行っても失敗することがありますので注意です。その失敗について簡単に説明していきます。

相手が最初から裏切る前提で行動していることが稀にあります。その場合、お金をもらってからすぐに何処かに行く場合があります。最悪見つからないで時効を迎えるというケースがあります。これを避けるためにも相手が本当に信用できる者かを見極める必要があります。他にも、売掛金回収の時にお金が無ければ回収することは出来ません。これは強制執行であっても同じことで、無い袖は振れないと言わんばかりに回収ができなくなります。ですから、回収時にある程度の資金を用意できるところと取引をする必要があるでしょう。

上記で説明したように相手のことを知るというのがとても重要なことです。詐欺にあってしまうというケースもあります。もっと恐ろしいのがテロ集団に売掛金をしてしまうというケースです。もちろん、そのようなケースは非常に極稀で極論ではありますが、このように貸す相手のことを理解しないまま売掛金を渡すというのは危険なことなので注意しましょう。

あくまでも売掛金は取引ですので相手が問題ないところであるかを確認する必要があります。特に契約を守るところとの取引をしていくようにしてください。

時効を理解する

売掛金回収などの回収関係で注意しないといけないのが消滅時効です。この消滅時効を向けると売掛金などが消滅してしまい、その後その人に同じ売掛金を回収することが不可能な状態になりますので注意するようにしてください。基本的にはこの時効が来る前に回収を行いましょう。

消滅時効ですが、その内容によって消滅する時効が異なります。例えば、タクシーなどの運送費用がありますが、あれは1年となっています。居酒屋やホテルなどの料金なども1年を経過してしまった場合は消滅してしまいます。また、病院の診療に関する費用などは3年で消滅するなど結構長めに設定されているものもあります。製造業や小売業などによっては2年が消滅時効となっているところもあります。ですから、売掛金回収を行うものがどの時期までに回収しないといけないかをしっかりと確認するようにしてください。

消滅時効ですが、これは中断をすることが出来ます。中断を行うことで期間を延ばしたり、リセットしたりすることが出来ます。ですから、時効が迫ってきた場合は中断を行うと良いです。ただし、誰でもできるというわけではないです。債務承認や訴訟によるものでないと出来ませんので注意しましょう。

このように時効というのがありますので、ある程度早めに回収をしていかないと回収できなくなりますので注意です。

費用の注意

売掛金回収を行う際に最も注意しないといけないのが費用についてです。売掛金回収で獲得できるお金は一定ですが、回収時に使われる費用は一定ではないです。ですから、場合によっては回収金額を大幅に超えてしまうこともありますので注意です。

売掛金回収の費用ですが、すぐに解決できるならそこまで費用がかからないですが、長くなったり、手続きなど面倒なことをしたりする場合は費用がかかる場合があります。ですから、回収のために使う費用はできるだけ低コストで行う必要があるでしょう。特に上記でも説明したように回収金額を超えるということは避けないといけません。もちろん、回収金額以下なら良いというわけではないです。利益を出すためにもかなり費用を抑えないといけません。

売掛金回収の金額によっては多くの方法を取れない場合があります。それこそかなり金額が低ければ交渉のみでしないと赤字になるということもあります。ですから、売掛金回収の金額をしっかりと確認するようにしてください。しかし、逆を考えるとある程度あるならしっかりと回収を考えて費用を使ってくのも良いかもしれません。そのくらいの多額の金額を時効などで水の泡にすることは避けるべきですのでよく考えて行動するようにしましょう。

売掛金回収時の注意

売掛金回収前に幾つかの確認事項があります。それを理解していないと失敗することがあります。当サイトではその売掛金回収の確認事項について紹介していきます。それを理解して問題ない売掛金回収を行うようにしてください。

まず、売掛金は取引です。無償で与えたものではなく後々返してもらう必要があるお金となっています。それ故に、基本的に返してもらう場合は無料となりますが、売掛金回収を行わないといけない状態はイレギュラーとなります。そのイレギュラーを解決するために費用を使わないといけません。その点に注意です。解決のための費用を沢山使って売掛金の回収で獲得できる金額がほとんど無いということを避けないといけません。

次に、売掛金には時効があるということを理解してください。状態によっては時効が非常に短い場合もありますので注意しないといけないでしょう。ですから、時効の確認は必ずするようにしてください。そして時効前に売掛金回収を行わないといけません。

そして取引相手のことはしっかりと確認することです。明らかに返済してくれないところと取引をするのは避けるようにしてください。売掛金回収が面倒ですし、時間と費用を取られることになります。ですから、相手のことを理解してから取引をするようにしてください。

このように注意事項があります。注意事項についてしっかりと理解して対策をしないと後々非常に厄介な事になりますので注意しましょう。それを避けるためにも事前に対策をしてください。